「マスクの下は笑顔?」

新型コロナウイルスの影響で始まったマスク生活も1年半を過ぎようとしてます。

最近はマスクの下でつい無表情で過ごしている自分にはっとして、できるだけマスクの下でも笑顔でいるよう意識しています。(気を抜くとまたすぐに無表情に…汗)

無表情でいるとおのずと感情も平板化するのか、コロナ禍のせいなのか、この頃は日々の感動が少ないように感じます。

アメリカの哲学者・心理学者であるウィリアム・ジェームズの
「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。」という言葉は有名です。

笑うことの効果は科学的に解明されています。免疫力を高めたり、脳を活性化させたり、リラックスややる気スイッチをオンにするホルモンを分泌してくれます。

まだまだマスク生活は続きそうですが、こんな時だからこそマスク越しでも笑顔を忘れず、自分から気持ちを明るくしていきたいと思います。 

前の記事

「日日是好日」